スマホケースとガジェットの情報

人気のiPhoneやAndroidのスマホケース(カバー)の情報や気になるガジェットについて

タグ:ZenFone2

04191659_5715e576c31f6

◆Zenfone2対応の窓付き手帳型ケース◆

窓付き手帳型ケース

着信や時間、通知の確認などわざわざ手帳を開くこと無く確認できる重宝する機能を実装。
手帳を閉じたままでもフリックで電話を受けることが可能です。

もちろんスタンドも

ゼンフォン2を最大限に楽しむためには動画の視聴は必要不可欠。
そこで動画の視聴の際に大活躍するスタンドになるデザインを採用。場所を問わず動画を楽しむことが出来ます。




続きを読む

11201507_564eb89dedd90

◆Zenfone2専用2トーン耐衝撃ケース◆

硬と柔の素材のハイブリッドケース

硬度が高く擦り傷に対して保護力の強いポリカーボネートとグリップ力と衝撃吸収性能に富んだTPU(シリコンのような柔らかいソフトケース)を組み合わせたハイブリッドケース。

徹底的にこだわった耐衝撃の内部構造!!

背面部分はタイヤの溝のような模様となっており落下時の衝撃吸収に秀でた仕様となっています。
もちろん衝撃吸収だけではななく、グリップ力も良好で、ボリュームなどの全てのボタンに装着したままアクセス可能です。

続きを読む

11201507_564eb89dedd90

◆Zenfone2専用2トーン耐衝撃ケース◆

硬と柔の素材のハイブリッドケース

硬度が高く擦り傷に対して保護力の強いポリカーボネートとグリップ力と衝撃吸収性能に富んだTPU(シリコンのような柔らかいソフトケース)を組み合わせたハイブリッドケース。

徹底的にこだわった耐衝撃の内部構造!!

背面部分はタイヤの溝のような模様となっており落下時の衝撃吸収に秀でた仕様となっています。
もちろん衝撃吸収だけではななく、グリップ力も良好で、ボリュームなどの全てのボタンに装着したままアクセス可能です。


続きを読む

11041807_5639caee0328d

◆Zenfone2対応の和紙風スタンドケースポーチ◆

衝撃やキズなどからZenfone 2 ZE500CLを守ります。
内部にはソフトケースなので、着脱が簡単です。

背面を折り返すとスタンドとして使用できるので、動画視聴に便利です。
側面には落下防止に便利なストラップホールが付いています。

横開きタイプなので、手帳のように使うことができます。
また、内側に2つのカードポケットとサイドポケットが付いています。


続きを読む

09011221_55e519c14a9a5

◇Zenfone2対応の和紙風レザーデザインケース◇

存在感抜群!スタイリッシュな和紙風レザーデザインのZenFone 2用スタンドケースポーチ。
衝撃やキズなどからZenFone 2を守ります。

内部はソフトケースなので、着脱が簡単です。
背面を折り返すとスタンドとして使用できるので、動画視聴に便利です。
側面には落下防止に最適なストラップホール付きです。

横開きタイプなので、手帳のように使うことができます。
また、内側に2つのカードポケットとサイドポケットが付いています。

続きを読む

09011100_55e506c95b64e

◇ZenFone2対応のカラーレザー手帳型ケース◇

レザーデザインのZenFone 2用スタンドケースポーチ。
衝撃やキズなどからZenFone 2を守ります。
内部ケースはソフトケースなので、着脱が簡単です。

背面を折り返すとスタンドとして使用できるので、動画視聴に便利です。
落下防止に最適なストラップホール付きです。

横開きタイプなので、手帳のように使うことができます。
また、内側に2つのカードポケットとサイドポケット付きです。


続きを読む

08261045_55dd1a522bd8e

◇zenfone2対応の編み込みレザーポーチケース◇

職人謹製-手作業で作られる至高の逸品-

職人の手によってレザーを1本1本編込み形成された編み込みレザー手帳。
安価な型押しとは凹凸具合が圧倒的に異なる職人技ならではの高品質な手帳型ケース。
ゼンフォン2を保護しつつ個性を演出できる逸品です。

カードも名刺も入る充実の収納

手帳型のスマホカバーの最大の魅力である収納力もバッチリ!
カードを3枚収納できるカードポケットは名刺の予備を入れることも可能。
留め金の部分は使いやすいマグネット仕様。
液晶に触れる面はやわらかな素材を使用する細やかな心配り。

スタンド機能で動画の視聴もお任せ。

大画面のゼンフォン2を最大限に楽しむためには動画の視聴は不可欠。
スタンド機能で長時間の視聴もラクラクです。

続きを読む

↑このページのトップヘ